UP DATE : 2016/11/02

お選び頂ける革について

aestasの靴には、現在ヨーロッパをメインとしたインポート革を中心に使用しております。

 

ビジネス用のドレスシューズには、

適度なハリと柔軟性の共存したドイツ製のボックスカーフと

マットな光沢が上品なイギリス製のスエードを。

 

休日用や、スーツを着用しないお仕事用には

エイジングとシボ感が素晴らしいイタリア製のタンニンレザーをご用意しております。

 

シーンによってある程度使用する革は決まってきますが、

タンニンレザーでも黒や焦げ茶、

またはボックスカーフでも淡色であれば

それぞれ別のシーン用にお仕立てすることができます。

 

p6191202

 

レディス用にはメンズと同じイタリア製タンニンレザーの、

より薄い仕上げの革を使用しております。

とても柔らかく、ジーンズなどとも相性の良い革ですので、

カジュアルなスタイルには重宝する靴に仕上がります。

 

靴のデザインと合わせて使用する革を選ぶのもオーダーメイドの

醍醐味の一つですね。

 

また、ほとんどのお客様はお任せ頂いておりますが、

細部までこだわる方でしたら、アッパーを縫製するミシン糸の色も約60種類ほどからお選び頂けます。

 

私としてはコンビのデザインなど、予想外の組み合わせを提示されるとどんな仕上がりになるのか、お客様以上に楽しみにして製作しています。

 

 

 

☆aestasの靴は現在、五反田の靴修理とオーダーのお店apego(アペーゴ)にてお受けしております。

 

☆お問い合わせはコチラからもどうぞ。

 

 

 


« »