UP DATE : 2016/09/20

外反母趾のお客様

オーダーメイドの靴をお作りになるお客様は、

好みのデザインで足に合った靴が欲しいという方と、

既製靴では足に合わずお困りになっている方の

2つのパターンであることがほとんどです。

 

こちらのお客様は後者で、

ここ数年で外反母趾が悪化し、

足の変形が進んでしまったため

オーダーに至りました。

 

%e5%a4%96%e5%8f%8d

現代の足版生活習慣病といえるくらい

外反母趾の方は増加しています。

 

左足はさらに変形が進み、

蛸が擦り切れてしまっていました。

 

外反母趾というと

ハイヒールを履いている女性がなるものだと

イメージされがちですが、

実は男性の外反母趾も多く存在します。

 

今回ご注文のお客様も男性で、

悪化した原因は緩すぎる靴を履いていたこと、

ではないかと思います。

当日履いていらっしゃった靴も実際の足の

サイズから3サイズ近く大きな靴でした。

 

外反母趾で痛みを伴ってくると、

柔らかい靴、幅の広い靴を選んでしまいがちですが、

それでは一時痛みを感じなくなるだけで、

変形それ自体は進行しています。

柔らかい靴は痛みを感じにくいですので、

その変形の加速度は考えるだけで恐ろしいものです。

 

ましてや、靴のサイズをアップするだけでは

却って変形を助長することにもなります。

大きい靴を履いてしまうと甲の部分で

足が止まらず前に滑ってしまうため、

先端の窮屈な部分に足が入り込むようになります。

1サイズ上げたのにまた痛い!と思い、

どんどんとサイズを上げてしまう負のスパイラルに突入です。

 

また、緩い靴の場合は脱げないようにと

指に力を入れて歩く癖がつくため、

長距離歩行に疲労感を感じやすくなりますし、

常に趾が曲がった状態になる

ハンマートゥも併発してしまいます。

 

そうならないために、

普段の靴選びから慎重に時間を掛けて行いましょう。

 

すでに変形が進んでしまっている方ほど、

しっかりとした靴選びを心掛けて下さいね。

 

%e5%a4%96%e5%8f%8d2

仮フィッティングも良好でした。

 

外反母趾でもお洒落で恰好いい靴は作れます。

 

お悩みの方は一度ご相談下さい。

 

 


« »